訴訟の起こし方

B型肝炎訴訟は、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」という法律により、訴える期限が「平成34年1月12日まで」と定められています。B型肝炎の給付金制度は平成24年から始まっており、当初は5年後の平成29年と予定されていましたが、平成34年へと延長されています

費用B型肝炎ウイルス感染の対象者は国に対して、B型肝炎ウイルス感染者給付金を請求する手続きを行います。社会保険診療報酬支払基金に裁判による確定判決の結果や、弁護士が作成する「和解調書」などを提出する必要があります。B型肝炎訴訟を起こすには、母子手帳予防接種を受けた証拠が必要になり、弁護士に訴訟を依頼することになります。

B型肝炎訴訟にかかる費用ですが、弁護士費用は給付金の6~12%とされています。給付金が1000万円だった場合の弁護士費用は、60万円~120万円になります。このうち給付金の4%までは弁護士費用として支給されますから、実際の弁護士費用は2~8%の負担ですむことになります。最初に弁護士費用を用意するのはたいへんですけど、完全報酬制を採用している弁護士事務所であれば、B型肝炎ウイルス感染者給付金が支払われた後の決済ですむのではないでしょうか。

推奨リンク・・・弁護士へB型肝炎訴訟依頼-スター綜合法律事務所