B型肝炎の給付金

B型肝炎ウイルスに感染した人に対して、国から給付金が支払われています。支払い対象となっているのは、昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の間に予防接種を受けた人で、年齢で言えば満7歳になるまでに集団予防接種を受けた人です。輸血や母子感染など集団予防接種以外で感染した場合は、給付金の支払い対象外となります。

給付金の支払いを受けるためには、裁判所で給付要件を満たしているかどうか、証拠をあげて確認する必要があります。国を相手に国家賠償請求訴訟を起こすことになり、弁護士が間に入って和解を目指します。

無症候性キャリア支払われる給付金の額ですが、50万円~3000万円と幅があります。B型肝炎ウイルスにかかった患者さんが受け取ることのできる給付金のボリュームは、症状によって分かれており、たとえば感染後20年以上経過した人で「無症候性キャリア」と診断された場合には、50万円が支払われます。無症候性キャリアとは、感染していても症状が現れていない人を指します。発症後20年を経過しているかどうかで、支払われる給付金の額が違ってくるようです。慢性のB型肝炎を患っている人で、20年以上経過していて現在治療を行っていれば約300万円、20年を経過していない人は約1000万円というように、支給される金額に違いがあります。

特定のB型肝炎ウイルス感染をしているのかを知る検査費用なども給付されるということです。B型肝炎給付金の支払い対象になると思われる人は、B型肝炎訴訟にくわしい弁護士に相談してみると良いでしょう。